行政書士の合格率について

行政書士試験の合格率は、6%から10%とその年によって異なりますが、ここ10年ほどを平均すると7%といったところです。
合格率だけを聞いて、難易度が高いと判断しあきらめる人もいるかもしれません。
行政書士試験の場合、合格率に過敏になることはないと言われています。
その理由は受験資格にあります。
行政書士は年齢や学歴を問わず、誰でも受験することができます。
そのため、受験者が集中しやすい傾向にあります。
また、近年の資格ブームで「とりあえず」目指すという受験者も少なくないため、受験者間に温度差があるのも事実です。
行政書士は、官公署に提出する書類のスペシャリストです。
試験には、憲法、行政法、民法、商法などから幅広く出題されますが、ポイントを押さえて学習すれば合格できる資格です。

none

最新記事

  • 行政書士試験の合格率は、年度によって波はありますが、平均しても7%ほどです。
    数字だけをみると …

    詳細はコチラから!

  • 行政書士になるには、年に1度行われる資格試験に合格しなければなりません。
    年によって合格率は上 …

    詳細はコチラから!

  • 行政書士の合格率は20%近くあった時代もありましたが、近年では合格率は下がってきて、概ね10%前後で …

    詳細はコチラから!